sor925

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://minami.areablog.jp/sor925

ロレックスオイスターパーペチュアルカレンダークラシックファッションとエレガントな時計

ロレックスは、美しい形、と細かい細工を見て、オイスターパーペチュアルデイトジャスト時計が好きなので、それが具体的に何を見ている最も人気のあるメンズの時計の多くの一つ、ありますか?あなたにそれを紹介するためにXiaobianによって次のあなたは二重の価値があることができますが、また、寛容を強化するために、最も古典的なの多くでは、間違いなく、その後具体的には何である見て、ロレックスサブマリーナコピー販売オイスターパーペチュアルデイトジャスト時計を見ただけではなく、時計をお持ちですか?それを見てみましょう。

古典的な審美的なデザインであろうと優れた機能であろうと、ログは時計のモデルです。1945年にデビューした時計は、世界で初めて3時位置にカレンダーウィンドウを備えた自動巻きの防水時計です。1926オイスター(防水、高精度タイミング(1910メートルは、スイスの公式認定は、時計の最初の受賞となりました認定しウォン):有名なロレックスの時計は、時計製造技術における主要な画期的な技術革新を具現しますスタイルケースが出てきた)、自動巻きムーブメント(1931年に特許を取得した永久振り子)と窓カレンダー表示。

瞬間ジャンプカレンダーと凸型ズームカレンダーウィンドウ
時計のカレンダー表示のRolexログタイプは革命的な画期的なものでした。伝統的なカレンダーウォッチは、ダイヤル上にカレンダーリングを持ち、ポインタに依存しています。カレンダータイプの時計は3時位置にカレンダーウィンドウを設定すると、このデザインは時計製造業界で広く使用されています。1953年、ロレックスはウィンドウの凸レンズに日付を読みやすくしました。同時に、瞬間ジャンプ変換カレンダーを達成するために1956年の時計、真夜中の深夜に、数ミリ秒でカレンダーを即座にフリップすることができますが、また、王冠の王冠で日付を簡単に調整することができます。

永遠の美的魅力
ログタイプの腕時計のさまざまな種類の洗礼の年を経験した後、まだ元の美的機能を保持:5を永続的な象徴的なオイスターケース、18CTゴールデントライアングル溝付き外輪、レンチキュラータイプズームカレンダーウィンドウ、チェーンリンクフェスティバル記念ストラップ(特にROLESORゴールドスタイル、スチールと18ctゴールドの完璧な組み合わせ)。これが、日記が最も有名で注目に値する時計の1つになる理由です。

オイスターケース-防水モデル
耐水100メートル(330フィート)のLogOysterCaseは、優れた性能とエレガントなデザインの完璧な組み合わせです。それは18カラットゴールドの抗腐食性であるかどうかを固体金属鋳造の中央部分、ユニークなケースは非常に耐性904Lステンレス鋼は最良の保証優れた防水性能です。ロレックスの時計メーカーは専用ツールを使用して三角形の溝のボトムカバーを締め、ケースを完全に密閉します。王冠はRolex特許のダブルバックルロック防水システムであり、ケースはしっかりと締め付けることができます。ミラーは耐スクラッチ性の青いクリスタルガラスでできています。完全にシールされたログスタイルのカキのケースは、水、埃、圧力、および衝撃による損傷に対して最も洗練された動きを可能にします。

トライアングル・クレーター・アウター・リング、ロレックス独自のロゴ
トライアングルクレータの外輪は、ロングウォッチのランドマークデザインとして長い間認識されてきました。したがって、ロレックスのログウォッチは、最も目立つ時計になりました。オイスターは1926年に誕生を見たとき、三角形の溝は、その特定の目的を持っています時計の精度防水性能を確保するために、ケースの上に外輪固定位置を締め。ねじ込み式ケースの底部の周囲と同様に、同じ三角形の溝も設けられている。外側リングを固定する方法が改良されて以来、三角形の溝の進化は、それ以来、より美学的に与えられてきた。今日のログタイプの時計は、外側リングとアーチ状の外輪とダイヤモンド外輪など、より多くのオプションを、装備されていますが、三角溝付き外輪は常にロレックスデイトジャストは、最もユニークな特質を見ています。18ctゴールド、ホワイトゴールド、永遠のバラゴールドから作られた三角の溝のパターンは、常に優秀さと尊厳の象徴です。

ロールプレッサー、金とスチールの組み合わせ
前世紀の30年代に、ロレックスデイトナコピー販売は、金と鋼の完璧な組み合わせであるROLESORシリーズの時計を発表しました。1948年、ROLESOR設計は最初のログタイプの時計に使用された、私たちは、大きな成功を得一度立ち上げ、ひいては時計業界での伝説的な地位を築くためにしています。今日では、ログの時計のいくつかのタイプでは、ロレックス自律的には18カラットゴールド、ホワイトゴールドをキャストして、その持続性はレアメタルと比較することができ、品質と光沢のある合金で優れた業績のゴールドと904Lステンレス鋼不朽の組み合わせ上昇しました。

3135ムーブメント、トップ精度時計
ロレックスが独自に開発した独自の研究開発型のログ型は、3135自動巻きムーブメントを製造しています。すべての恒久的な動きと同様に、タイプ3135の動きは、COSCテストに合格した精密時計に発行されたスイスの公式認定時計によっても認定されています。3135の動きは、比類のない信頼性を持つすべてのオイスターの動きと同じように構築されます。

バランスの取れた揺動アセンブリのメンバーは、金微調整ネジ精度の高いキャリブレーションMICROSTELLA慣性振動周期によって、安定したバランスホイールと、時計の心臓部です。耐震性能を向上させるために、パラレルプレートブリッジの高さによってスイングコンポーネントのバランスをしっかりサポートします。ロレックスの特許を取得したブルーのPARACHROMヘアスプリングを使用して、スイングコンポーネントをバランスさせます。Rolex特許の特殊合金で作られたPARACHROMヘアスプリングは磁場の影響を完全に受けず、従来のひげぜんまいに比べて10倍の耐衝撃性を備え、様々な温度でも安定しています。ブレゲは、アイソクロナスクモの糸のぐらつきを強化するために、リングの終了と同時にヘアスプリング。

着用者の手首を振る、チェーンロレックス佗定数振り子に自動移動を搭載3135型は、ぜんまいを駆動するためのエネルギーを発生するために利用され得ます。ロレックスの時計メーカーのみが非常にエレガントなログタイプの動きを完璧な研磨と技術で見て、ロールプレックスは細心の品質で、卓越性の精神はお互いを補完することができます。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11702477c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ウブロの時計チェーンのクリーニングとメンテナンス

ウブロは、スチールチェーンクリーニングを腕時計
図1は、専門的なアプローチ:超音波洗浄機を用い(洗浄流体は、澄んだ水が後ろに洗剤を追加している)、汚れた程度ストラップに応じて、重大なクリーニングは、電動ファン乾燥すすぎ、次いで、数回行うことが必要です。

図2は、パーソナルクレンジング:10分間浸漬を取る前に温水で食器用洗剤の適切な量を添加すること、次いで、柔らかい毛歯ブラシとスクラブ完了した後、水、電動ファン乾燥してリンス。

ウブロ時計汚れを防ぐために、長時間の運動時の汗やほこりのブレスレットとの接触を防ぐために、このようなテーブルオフ愛の提案として、毎日の清掃テーブルに注意を払う必要があります着用。手垢のブレスレットがある場合は、単に防水機能はそのまま見て確認した場合には歯ブラシでスクラブしてください。

注意:プロの方法であろうと個人的なクリーニングであろうと、ストラップを取り外すことをお勧めします。

ウブロウォッチスチールチェーンメンテナンス
1、定期的にシェルとバンドの間にストラップ部とピンと春のボルトを確認し、我々は速やかに交換または修理、ストラップ割引の最も問題の一部でなければなりません、そこ防止または外観を着用し、頻繁に跳びはねました、また、通常の着用に関連している、アクションが穏やかでなければならないときに閉鎖を開きます

2、ゴールドメッキケースストラップウォッチ、ベルトを交換するために夏または冬に着用することをお勧めします。

3、タングステンスチールストラップは、衝撃や過度の引っ張りトルクを防ぐために。

着用し、メンテナンスの提案は:まず、時計腐食性の液体から離れ普段着の金属製のテーブルに注意を払う必要があり、2番目、ストラップ部分と、リンクやクラスプの機能異常、損傷または損失はストラップをオフに防ぐために、してくださいテストとメンテナンスのためのサービスセンターへ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11702476c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

LouisVuittonがスマートウォッチに進出

世界的に有名なファッションブランド、LouisVuitton(ルイ・ヴィトン)と言えば、バッグや財布をイメージするのではないでしょうか?誰しも1度は手にしたり、見たことがあると思います。ただルイ・ヴィトンはバッグや財布だけではないんです!カッコいい時計もたくさんあるんです!例えば、タンブールダミエブラックやタンブールインブラックGMT、自動巻き式のエスカルオトマティックタイムゾーンなどが有名ですね。

ところが、ルイ・ヴィトンがAndroidのスマートウォッチを発売しました。びっくりニュースですね!

ルイ・ヴィトンがブランド初となるスマートウォッチを発売しました。新作ウォッチとして発表された「タンブールホライゾン」は、AndroidWear2.0のスマートウォッチ。公式アプリ「LousVuittonPass」と連携させて使うことができます。AndroidWearを使ったスマートウォッチではありますが、Bluetooth接続で着信やメール通知などをiPhoneとも連動可能です。ゆえに、アプリはAndroid版&iOS版の両方ありです。

スマートウォッチのあるある機能「盤面カスタマイズ」はもちろんですが、時計本体のモデルは「グラフィット」「ブラック」「モノグラム」の3つです。すべて42mm径で、各モデルに数種類のベルトデザインあり。グラフィットとモノグラムが29万9160円から、ブラックが36万3,960円から。高いです、ヴィトンです、ラグジュアリブランドです。

ハイブランドでスマートウォッチといえば、AppleWatchのエルメスモデルですが、今回のヴィトンは時計そのもののリリースですからね。最近はすっかりスマートスピーカーにばかり目がいっていましたが、まさかヴィトンがスマートウォッチとは…。いやー、びっくりいたしました。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11697516c.html
時計 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

2018年も宜しくお願いします。
また来て下さい。

http://loser-john-4.jugem.jp/

[ 裕幸 ] 2018/01/06 1:55:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

時計のアナログとデジタルの違いはなにか?

時計って、よくアナログとかデジタルとかだと聞いてますが、その違いは何でしょうか?
時計とは、時刻を知るための、また時間を計るための器機・道具を指しています。時計にはアナログ時計やデジタル時計などがありますが、アナログ時計とデジタル時計の違いはなんでしょうか?
アナログ時計は、文字板と針などの機械的構造により時刻を表示する機構の時計で、針表示式の時計です。長針は分針、短針は時針、秒針を表示し、1秒毎に秒針が動きます。アナログ式は、残り時間や経過した時間を目で見て把握しやすいのがメリットです。
デジタル時計は、液晶やLEDなどの電子的構造により時刻を表示する機構の時計で、数字表示式及び電子的に文字板と針の表示を行う時計です。デジタル式は数字で直接表示する方式で、デジタル式には12時間表示のものと24時間表示のものがあって、切り替え可能なものも多いです。
デジタル式かアナログ式かは、表示装置のみによって定義されます。時刻を測る内部装置には依存しないため、機構はデジタルの電子式であっても、表示が針と円盤であれば、それはアナログ時計であります。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11697515c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パネライ腕時計のクオーツの寿命について

よく、「機械式の腕時計は一生使うことができる」と言いますが、クオーツの腕時計は一生使うことはできませんか?確か交換する部品がメーカーにそんなに長く置いてない、みたいなのが理由でしたっけ?日本製の腕時計ならできそうな気がしますが、外国製の腕時計はどうでしょう?例えば、ハミルトンの腕時計のクオーツなど、電池交換を繰り返したりして、完全に使えなくなるまで何年程度使うことができるんでしょうか?

機械式パネライ時計というのは、懐中時計の時代からも含めて、数百年というスパンで耐久実験がなされているわけですね。一方、クォーツ腕時計というのは、初めて世の中に出てから、まだ40年ちょっとしか経っていないのです。ですから、クォーツ腕時計は、その経年耐久試験をやっているようなものなんです。まだ、どれだけもつのかは、分からないということです。今のところわかっていることは、製造後30年くらいの、初期クォーツ時計が、現在ばんばん不動になってきているということです。

アンティーク中古市場には、「たまたま好調に動いている個体」が出回りますから、昔のクォーツ時計が元気に今も動いているかのような錯覚におちいりますけれど、ばんばん止まっています。そして、セイコーでも修理がきかないという場合がかなり多数にのぼるようです。部品がありませんものね。たまたま「セイコーで修理してもらえた!」というケースもあるようですが、それは本当にたまたま、昔の部品が残存していたという場合だと思います。
パネライ時計用の電子部品というのは、基本的に再生産されないと聞いております。つまり、「昔の規格のまま通じるように最近作った代替部品」みたいなものはないんだそうです。ですから交換部品は、昔の時計の製造当時にストックしておいた部品だけらしいです。
こうした事情は国内メーカーでも海外メーカーでも、基本、同一だろうと考えられます。現代において製造されたクォーツ腕時計が、どのくらい耐久するのかは、実際に使ってみないとわかりません。
なお、一生使うとしたら、機械式だって莫大な労力と費用がかかりますから、同じといえば、同じですね。ただ、機械式には実際に一生以上の時間を持たせてきた実績とノウハウが蓄積されていますから、そういう意味で安心ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11691992c.html
パネライ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス投資

ロレックス投資という言葉を聞いた事がありますか?これは、生産終了が発表されたモデルや、生産数が少ないレアモデルを購入して、数年から数十年後に価値が上がった時に売却して儲ける方法です。
しかし、価値が上がるまでに長期間を要したり、価値が上がらない可能性もあり、逆に損をしてしまう恐れもありますが、低リスクで簡単に儲ける方法をご紹介します。
方法はいたって簡単ですですが、入手困難な人気モデルを購入して売却するだけです!
ロレックスには正規店で定価で入手することが困難なモデルが存在します。その為、入手困難モデルは並行輸入品店などで、定価を上回るプレミアム価格で取引されます。その為、買取金額も並行品店での売値を考えて提示されるので、必然的に定価以上で買取りされることが多いです。この仕組みを利用して儲ける方法です。
ただ仕組みは簡単ですが、ただでさえ入手が難しく数も少なく、この仕組みを知っているライバルも多いので、商品が売っている場面に会う強運と・ある程度のコネクション・行動力が必要になります。
あとはどんな商品が高く売れるのか把握する必要もあります。
狙う時計は、例えば、2016年に発売されたロレックスの新作モデルのロレックスデイトナ116500LNです。まだまだ市場に出回っている数が少なく、とても人気があるので儲かる金額が高いです。
または、ロレックスデイトナ116520、こちらは、最初に紹介したデイトナ116500LNの1世代前のモデルで、生産終了になったモデルです。生産終了する前からロレックスの中でも1番人気の商品で、正規品店で一般の人が購入するのはほぼ不可能なモデルでした。
ほかにも、ロレックスディープシーDブルー116660D、こちらは驚異の防水性能3900mの超本格的ダイバーズウォッチです。この時計も2014年に誕生して以来、ずっと人気で正規店では入手できないモデルです。
グリーンカラーが特徴的な、ロレックスサブマリーナデイト116610LVも投資目的としてお勧めです。
いかがでしょうか?運よく入手出来たら最高ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11691991c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

エンポリオアルマーニ腕時計とダニエルウェリントン腕時計

彼氏へのプレゼントを探していますが、予算は3万円以内で抑えたいです。彼氏は大学4年生で、あと半年くらいで社会人になります。仕事でもプライベートでも使えるメンズ時計が良さそうで、腕時計二種類を選んでみましたが、どちにしようかいます。

一つ目のは、エンポリオアルマーニです。こちらは時計はなんかどっしりしたデザインで男らしいメンズ感があると思いました。とてもシンプルなので、仕事でもプライベートでも使えるしブランド名も響くのでいいと思いました。

もうひとつは、ダニエルウェリントンを選びました。こちらのロレックス腕時計もシンプルさが特徴ですが、個性があるデザインだなと思いました。余計な装飾は一切なくて、どんな使い方にも合いそうでした。どちらもシンプルなデザインで選びましたが、若い男性ならどちらの腕時計にもっと惚れるでしょうか?アドバイスをお願いします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11687431c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11687430c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

女性にお勧めのレディース時計3選!

女性がつけていたら思わずグッとくるレディース時計3選をお勧めしたいです。車と時計は男のロマンという言葉をよく聞きますが、レディースモデルでも高級時計は数多く存在し、実際に良い時計をつけている方はたくさんいます。そこで今回は、見たら思わずグッとくる時計3選をご紹介したいと思います。

まずはカルティエタンクフランセーズSMW51008Q3をお勧めします。カルティエは言わずと知れたフランスのジュエリー・高級時計ブランドのひとつで、有名なリシュモングループの傘下にあるブランドです。どちらかというと、ジュエリーのイメージが強いカルティエですが腕時計の種類もメンズ・レディースともに非常に多く、国内でもカルティエユーザーはかなり多いです。レディースモデルの中でも一番の人気を誇る『タンクシリーズ』です。街中でもタンクをつけている方をよく見かけますが、シンプルでオシャレなデザインがとても人気を得ていますね。

2番目のお勧めは、『シャネルJ12ホワイトシェル文字盤H2422』です。シャネルの腕時計のモデルの中で、一番の人気を誇る『J12』です。レディース、メンズともに種類も多く展開されているJ12はペアウォッチとしてつけている方も多いモデルです。J12の最大の特徴はセラミック素材を採用しいているところです。セラミック素材は傷がつきにくく、変色もあまりしませんし、何年経っても美しい光沢を保つ特徴があります。

最後にお勧めしたいのは、『ロレックスデイトジャスト28Ref.279171チョコレート文字盤』です。2016年発表モデルの、デイトジャスト28Ref.279171チョコレートダイアルですが、前モデルからの変更点はケース径が26mm→28mmへとサイズアップした点です、2mmのサイズアップは見た目の印象も変わり存在感が増しましたね。さらに、新型のデイトジャストはムーブメントもパワーアップしました。シリコン製のヘアスプリングを備えたキCal.2236を搭載し、精度はこれまでのクロノメーター規格の2倍以上を誇る日差-2〜+2秒で調整されました。パワーリザーブも48時間から55時間に延長されました。機能も抜群です

以上の素敵な腕時計を大切な人へのプレゼントにいかかですか?





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11683112c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アップルウォッチ

今年は、昨期に6000億円もの売上を記録したApple社のアップルウォッチが話題です。

1つのメーカーが作った腕時計としてみると世界一の売上と言えます。

時計を着ける人が増えたと喜ぶべきなのでしょうか?今年で10年になる「スマートフォン」のiPhoneです。更に10年前に普及しはじめた「携帯電話」フューチャーフォンでした。それ以前は「ポケベル」でした。
10年単位で大きくトレンドが変わってしまうので「ウェアラブル端末」のスマートウォッチも爆発的に広がり、また収束してしまうかと思われます。

機械式時計メーカーは静かに、我関せずと傍観しているのでしょうか・・・

1番売れているアップルウォッチで3万円程度ですが、一体何個売ったんだ・・・

たしかに「便利」なのかも知れませんね。以前にペブルというスマートウォッチを短期間使用しましたがLINEなどが読めたりするのは便利でした。問題は「充電」と何十年も使えないということですね。同価格でG-SHOCKなら10年以上使えます。毎年毎年買い替えると・・・一生でどれだけ高額になるのでしょう。

アップルウォッチとロレックスを同時に所有している人は結構いると思います。ロレックスを持っていてアップルウォッチも持っている人はたくさんいないでしょう。逆にアップルウォッチを持っていてロレックスは持っていない!って人はたくさんいそうです。

使い道が異なるので別物なんですが、「スマホ」持ってたら腕時計が要らない!と言う若者の腕時計離れの世代にはアップルウォッチが「腕時計」好きへのきっかけになってもらいたいものです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000255498/p11683111c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
sor925

前年  2019年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 20 789
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード