osakaminamiのamashow

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://minami.areablog.jp/amashow

らららクラシック

世界中に巻き起こった「カラス現象」

1952年1月16日、イタリアオペラの殿堂ミラノ・スカラ座で「マリア・カラスの伝説」は幕を開けました。演じたのはソプラノにとって最も難易度が高いといわれる「ノルマ」。今まで誰も聴いたことのない完璧な彼女の歌声に聴衆は熱狂しました。スカラ座の女王となったマリア・カラスは世界の名だたる歌劇場に次々と出演し、「カラス現象」と呼ばれる熱狂の渦を巻き起こします。王族や大富豪も押しかけ、カラスの舞台を見ることは、ひとつの社会的ステータスにまでなったのです。

オペラ史を塗り替えた「カラスの挑戦」とは?

(c) Tully Potter Collection

カラスが生きたのは、映画の人気におされ、オペラがかつての輝きを失いつつあった時代。カラスは、オペラを変えようと3つの戦いに挑みます。
@美の追求:ヒロインは見た目も美しくなければならない、と50キロ以上落とし、美しく変身しました。
A演技の追及:演じられる歌手ではなく、歌える女優を目指すべきだと唱え、手の先まで神経のいきわたった白熱の演技を追及しました。
B楽譜の追求:カラスは常に、楽譜に忠実に、そこに書き込まれた感情を表現しました。
こうした常に完璧を求めるカラスの凄まじい努力は、見る人の心を揺さぶるオペラを作り出しました。

人生最後の闘い「伝説の東京公演」

マリア・カラスは35歳のとき、海運王オナシスと燃えるような恋に落ちます。すべてを捨てこの恋に身を捧げたカラスを待ち受けていたのは、残酷なオナシスの裏切り。絶望のどん底に突き落とされ、愛だけではなく、歌すら失いかけたカラスを救ったのは、これまで幾度となく共演してきたテノール歌手ジュゼッペ・ディ・ステファノでした。カラスは彼と共にワールド・ツアーを行い、その最後には日本を訪れました。不安を抱えながら望んだ最後のコンサート、奇跡の復活を遂げた歌姫に、盛大な拍手が送られました。

エピローグ




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000266562/p11737274c.html
音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
A8,net
A8,net
A8,net
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
クラシック音楽の紹介、評論
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 22 1205
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード