免疫療法

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://minami.areablog.jp/fprblog0072y

資産運用の必要性

貯金をすればお金が増えた時代は遥か彼方の昔話となりました。超低金利時代の今日、いくら銀行にお金を預けても利子は雀の涙ほどしかつきません。


下手をすると、将来は、お金を預けただけでも預かり料をとられるかもしれません。それなら、現金を手元においてタンス貯金をした方がマシとなりかねません。



こうした超低金利時代に気になるのは、将来の「年金」のことでしよう。



日本の年金制度の基本は、今の現役世代から集めた掛金を今の年金世代に渡す仕組みです。



しかし、これだと、「少子高齢化」に伴って現役世代が減り、年金生活者を支えることが困難となります。



このため、今、現役世代の人は、老後の生活費を年金だけに頼るのは難しくなります。こうしたことから、老後の生活について不安を抱える若い世代は、増えてきております。



超低金利時代で貯金ではお金が殖えない、さりとて、年金にも頼れそうにない、そんな時代に私達は生きているのです。



このような時代だからこそ、自分の「将来」は自分で考え、自分で備える時代なのです。




収入も増えない、貯金してもお金は増えない、その一方で、結婚、子供の誕生、住宅の購入、子供の教育、老後の備えと、お金は容赦なく出ていきます。



だからこそ、「いつ頃に、どんなことが起きるのか?」「その時にはくらいのお金が必要で、どうすれば、そのお金を作ることができるのか?」と、前もって考え、それに備えてお金を作っていく必要性があるのです。



そのためには、お金を銀行に眠らせたままにしておくのではなく、そのお金を元手にしてお金を増やす「資産運用」が必要なのです。いわば、自分のお金にもしっかり働いてもらって、稼いでもらおうということなのです。


金融市場の種類


資産運用

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://minami.areablog.jp/blog/1000075793/p11619130c.html
金融 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
癌の免疫療法について解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 3377
コメント 0 2
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク